痛い話

  

 
濃硫酸の煙を鼻から吸ったら

化学の実験で、濃硫酸を扱った時のことです。

濃硫酸は危険な物質で取り扱いに注意しないといけないことはわかっていました。

容器に入った濃硫酸のフタをとると、モワモワと煙が舞い上がりました。

気体のにおいを嗅ぐ時は手で仰ぐようにして鼻のところに持ってこないといけません。教科書とかに書いてあったような気がします。

ですが、見た目は普通の煙なので、思わず直接鼻を近づけて嗅いでしまいました。

その瞬間、鼻に激痛が!

ものすごく鼻が痛かったです。

ツーンと鼻の奥を刺すような痛みで、やっぱり硫酸の気体は怖い!と思いました。

びっくりしたわーあの時は。

ちなみに、この濃硫酸の液体を布の上に落としてしまったときは、布が溶けて穴があきました。

   

ケガをした時の痛い話 目次へ