[ お金が全然ない時 ]

 

  

痛い話

  

 
イスで足を踏まれる

学生の頃、休み時間にクラスメイトと遊んでいた時のことです。

腕相撲をしようと言われたので、かかってこいと受けて立ちました。

腕を組んでがんばって戦っていたのですが、相手の子がふんばった瞬間、いきなり相手の座っていたイスが少し浮き上がり、そのイスの足のひとつが私の足の上にグイッと食い込みました。

痛かったです。

そのイスは普通に4本足のイスでして、そのうちの一本が私の足の上にあり、さらにそのイスに相手が座っているわけですから、相手の体重が加わっているわけです。

こっちは腕相撲どころじゃないのですが、相手は私の足を踏んでいることに全く気づかずに腕相撲を続けてきます。

負けました。腕も足も両方攻撃されました。

   

ケガをした時の痛い話 目次へ