痛い話

  

 
塀の上から落ちて腕を折る

小学生の頃、家の塀の上に乗って遊んでいました。

最初は友人と2人で両手を広げながらバランスをとって塀の上を歩いたりしていたのですが、そのうち落っことし合いになりました。

塀の上で2人が向かい合って相手のバランスを崩させて落ちた方が負け。

いつの間にか夢中になっていて激しい落としあいになり、落ちそうになった友人が私の服をひっぱって道連れにしました。

一緒に落ちました。

下はやわらかい草が生えていたのですが、一箇所硬いところがあって、そこに右腕をついてしまったとき激しい痛みが走りました。

骨を痛めてしまったのです。

どうしてこんなに痛いんだ・・・とその日はずっと痛がっていましたが、次の日病院にいったら骨が変なふうに曲がっていたみたいです。

しばらく右腕は吊ってました。

   

ケガをした時の痛い話 目次へ