痛い話

  

 
花火に触って火傷

夏にみんなで花火をしていた時のことです。

どこにでも売っている手持ち花火のセットを用意して、夜にわいわいと花火をしていました。

その中に、棒の花火がありまして(フランクフルトを細長くしたような)

それに火をつけて普通に遊びました。

しかし、その花火は使用したあと長さが特に短くなるというわけではないので、暗い場所に置いてあると、もう使った花火なのかどうかよくわからなくなります。

私はその花火が使い終わった直後だということに気がつかず、熱い先端を触ってしまって火傷をしたことがあります。

あれは熱かった!

そのあと水ぶくれになりました。指先は特に敏感ですし、痛い思いをしましたねー。

指がずっとヒリヒリ。気をつけましょう。

   

ケガをした時の痛い話 目次へ