[ 何もかも嫌になった時 ]

本屋さんのアルバイト
本屋さんでアルバイトした時の話


バーコードが反応しないとき


レジで本を売るとき、バーコードに通してピッと簡単に済ますことができるのですが、たまにバーコードにうまく反応しないことがありました。

そんなときは手打ちです。
本に書かれた値段の表示を見て、金額を手入力。
あと本の分類ボタンを押していました。

しかし、この分類がわからないときがたまにあります。
週刊誌や月刊誌は見ればすぐわかりますが、こりゃ一体何の分類に属するのかと迷う本もありました。

あまり考え込むとお客さんも気まずい思いをするかもしれないので一瞬の判断でがんばりましたが、慌てて全然違う分類ボタンを押してしまったことなどもありました。


書店アルバイト
目次へ