誰にでも間違いはある

失敗をなくすには

  

失敗した話

鍵の紛失

自分の家の鍵をなくした時の話の続きです。

家の周りをぐるぐる回っていたら、お風呂場の窓には鍵がかかっていませんでした。

体がギリギリ入りそうな窓ですが、窓には格子がありました。

そこで格子を引っ張ってみたら、なんか取れちゃいました。2本。

ちょうど入れる隙間ができたので入ってみました。

お風呂場から入るって…絶対怪しい人だな。

誰かに見られたら完全にドロボウと間違われるよ、と思いながら風呂場の窓をくぐる。

足から入って最後に頭を入れる体勢です。

ようし、何とかいけそうだ。

その時…

ドボーン!と。

窓の下は湯船でした!

万が一、火事の時などのためにいつも湯船をためたままにしている我が家。

外からの侵入者を湯船の中に落とすという罠の効果もありました。

そしてその罠にはまってしまったのは自分でした。

失敗の原因

ミスをなくす方法

  

  

  

失敗した話 目次へ戻る