[ 何もかも嫌になった時 ]

はずかしい話


見知らぬ人が


街を歩いていたら、偶然にも向こうから友人がやってきました。

なので声をかけようと、「おーい、おーい!」と叫んで呼びかけたところ、いきなり見知らぬ女性が横から走って現れて、

「ハイハイハイ?何でしょう?」とこっちにきてしまいました。

びっくりしました。

「ちがいますちがいます…!!」とあわてて手を横にふってるとやっと友人のほうが気がついてこっちにやってきました。

女性は自分のことじゃないと気がつき、ものすごく恥ずかしそうに早足で去っていきました。

こんなときもお互い気まずいですよね。

限りある時間の使い方



恥ずかしい話
思わず赤面 恥ずかしい経験いろいろ
最初のページへ戻る