[ 何もかも嫌になった時 ]

はずかしい話


気まずい…


道にとまっている車のガラスに自分の姿が映っていたので、思わず髪型がおかしくなってないかチェックしていたら実は中に人が乗っていたという経験。

あれも気がついたとき結構ぎょっとします。

逆の立場で、車に乗っていたら外を歩いている人がその窓ガラスを鏡がわりにしだすこともありました。

車の中を覗き込まれているみたいでこちらも気まずい。

相手が気がついたときはお互い気まずい。

限りある時間の使い方



恥ずかしい話
思わず赤面 恥ずかしい経験いろいろ
最初のページへ戻る