ドラえもんクイズ

  

最初から始める

ドラえもんクイズ
出題範囲選択ページへ

  

暇潰しサイト


ドラえもんクイズ 41巻

問題を選択して始める

このページに書かれているのは問題文だけです。問題文をクリック(タップ)すると、選択肢のある本来の問題ページに移動できます。(問題に関連する秘密道具の解説がページ上部にあります)


進路アドバイザー Q、「左、直、右、右、左・・・」の回に出てくる野球チームジャイアンズとライバル関係にあったチームはどれ?

かげながら Q、両親が出かけて自宅で一人で夜を過ごすことになったしずちゃんを心配するのび太。夜更けに心配になりこっそりしずちゃんの家に様子を見に行ったらどうなった?

ハメルンチャルメラ Q、「ハメルンチャルメラ」の回で、のび太の家でネズミを見つけて大騒ぎするドラえもん。その時に言ったのセリフはどれ?

未来図書券 Q、「未来図書券」の回で、のび太が未来図書券を使ってとりよせた漫画雑誌はどれ?

つづきをヨロシク Q、のび太がつづきをヨロシクを使って宿題をしたら、手袋はどうなった?

ミニドラえもん Q、「ぼくミニドラえもん」の回で、ドラえもんが探しに行った行方不明のネコは次のうちどれ?

出ちょう口目 Q、「出ちょう口目」の回で、ドラえもんを部屋から追い出すためにのび太が言った言葉はどれ?

物体変換クロス Q、次のうち、物体変換クロスを使ってのび太が位置を交換したものではない組み合わせは?

高層マンション化エレベーター Q、「野比家は三十階」の回、ドラえもんとのび太が居間にいると、上からガタゴトと物音がするシーン。二人がのび太の部屋に様子を見に行くと、そこには何がいた?

グッスリガス Q、「野比家は三十階」の回で、二十二世紀では台風が来た時どうやって対策するとドラえもんは言っていた?

時限バカ弾 Q、「時限バカ弾」の回、しずちゃんと出木杉の前で時限バカ弾が破裂したのび太が言ったセリフはどれ?

昆虫マーカー Q、「世界の昆虫を集めよう」の回で、昆虫標本のコレクションを見せるスネ夫の自慢に対抗しようとしたのび太がドラえもんに要求した道具とは?

昆虫探知カード Q、昆虫探知カードで珍しい虫をたくさん集めたのび太の部屋で夜中にシクシクと聞こえるスネ夫たちの泣き声はどんな昆虫の虫かごからだった?

落としものカムバックスプレー Q、落としものカムバックスプレーの効果で、スネ夫の家に帰ってきたものはどれ?

変身リングとカード Q、「無人島の大怪物」の回で、変身リングを使って恐竜に変身したのは誰?

スパルタコーチ Q、スパルタコーチを使って泳ぎの特訓をするのび太は途中で投げ出そうとしますが道具が体から外れません。さて、のび太はスパルタコーチをどうやって外した?

気まぐれカレンダー Q、「気まぐれカレンダー」の回で、のび太がママにねだっていた電子ゲームのタイトルはどれ?

いつでもどこでもスケッチセット Q、いつでもどこでもスケッチセットを使ってのび太が描いた絵の中で、時代を過去に戻しすぎた時、どんな時代の絵が描けた?

ふんわりズッシリメーター Q、「ふんわりズッシリメーター」の回で、のび太のママの機嫌が悪かった原因は?

ただのチョコボール Q、「ふんわりズッシリメーター」の回で、ドラえもんが出したただのチョコボールはどんな入れ物に入っていた?

フトメレンズ Q、フトメレンズを取り付けたメガネをかけたのび太のママに、ちょっと太ったんじゃない?と言われた時のドラミちゃんの返事は?

架空シミュレーター・ポンプ Q、「深夜の町は海の底」の回、架空水面シミュレーターを使って深夜の町を泳ぐのび太たち。そこで起こった思わぬ出来事は?

トトスキー Q、てんとう虫コミックスのドラえもん41巻の表紙に描かれているのはどんな絵?

架空海水まきぞえガス Q、「恐怖のディナーショー」の回で、ジャイアンが作っていたスペシャル料理に使われていたものは?

ドラえもんクイズ 出題範囲選択
[
1巻 ][ 2巻 ][ 3巻 ][ 4巻 ][ 5巻 ][ 6巻 ][ 7巻 ][ 8巻 ][ 9巻 ][ 10巻 ][ 11巻 ][ 12巻 ][ 13巻 ][ 14巻 ][ 15巻 ][ 16巻 ][ 17巻 ][ 18巻 ][ 19巻 ][ 20巻 ][ 21巻 ][ 22巻 ][ 23巻 ][ 24巻 ][ 25巻 ][ 26巻 ][ 27巻 ][ 28巻 ][ 29巻 ][ 30巻 ][ 31巻 ][ 32巻 ][ 33巻 ][ 34巻 ][ 35巻 ][ 36巻 ][ 37巻 ][ 38巻 ][ 39巻 ][ 40巻 ][ 41巻 ][ 42巻 ][ 43巻 ][ 44巻 ][ 45巻 ]


  

ドラえもんクイズ
出題範囲選択ページへ

おもしろいサイト

マンガで読書感想文