子供の頃の遊び

パチンコ作り
  

小学生の頃、友人の家に遊びに行ったときのことです。

友人の部屋におもしろいものがありました。

手作りのパチンコです。

ダンボールにつまようじがいっぱい刺してあって、ところどころに穴があけてあるのです。

そして上から紙を丸めて作ったパチンコ玉をたくさん転がすと、本物のパチンコのように玉が流れていくのです。

穴の中に玉が入るバランスもよくとれていて、これはすごいなあと思いました。紙とつまようじでできたパチンコでもこんなに楽しめる

とは思いませんでした。

私も木と釘を使ってもっとすごい本物みたいなパチンコを作ろうと試みました。でもよく考えたら玉がなかった。

1個や2個ではちょっとものたりませんしね・・・。

ひまつぶしするには

  

  

子供の頃の遊び
目次へ戻る

  

すごろくを作るには

なつかしい雑貨