子供の頃の遊び

大きな穴を掘る
  

小学生ぐらいのとき、庭に人間が入れるくらいの大きな穴を掘って

みようということをしました。

何のためにそんなことをしたかったのかというと、ただ掘った穴に入ってイェーイってしたかっただけなんですが、基地ができたみたいでなんか楽しいじゃないですか。

というわけで、数人で地面の土をかきわけもくもくと掘る。

スコップとかなかったので素手です。

人間の子どもが入れるくらいの穴でも結構掘るのは大変です。

そして30センチほどの深さまで掘ったところで飽きてきました。

そのとき土の中から何かでてきました。

コインのようですが、汚くてどんなコインなのかわかりませんでした。

一生懸命水で洗いました。

なんとそれは100円玉でした!

子供にとっての100円は大金です。かなり喜びました。

それで結局穴を掘るのをやめてしまったのですが、何故あの深さから100円が出てきたのかわかりません。誰かが埋めたのか。

もっと掘ったら何がでてきたのだろう!?

ひまつぶしするには

  

  

子供の頃の遊び
目次へ戻る

  

すごろくを作るには

なつかしい雑貨