子供の頃の遊び

  
漫画家になるには
  

マンガを描く
  

子供の頃、マンガを描いたりもしました。

最初は、みんな描きたいときに勝手に描いていたのですが、いつのまにか仲のいい友達どうし一人ずつ15ページくらいの

マンガを作って集めて、週刊誌みたいにするようになったこともありました。

最初は3人だったのが、次々に友達が参加したいと集まってきていつのまにか10人くらいになってどんどん雑誌が分厚くなっていきました。

しかし、10人にも増えると毎回期限までにマンガを出さない人も現れ、かなりいい加減な連載状況になっていったりするものです。

週刊で作る予定のはずが、だんだん飽きてきて月刊になったりして遅くなっていき、いつのまにやら消滅。

最終回まで描かれたマンガはありませんでした。

ひまつぶしするには

  

  

子供の頃の遊び
目次へ戻る

  

すごろくを作るには

なつかしい雑貨