子供の頃の遊び

ホームラン競争
  

子供の頃、やわらかいゴムのボールとプラスチックのバットがあったのでホームラン競争をしてました。

野球をするにしても人数が4、5人のときが多いのでゲームができません。

そこでピッチャーとバッターと球拾いを決めて、何本ホームランが打てるか競う遊びです。

近くの高校の横にある空き地でやってたのですが、ホームランを打つといつも体育館の屋根にボールが乗っかってとれなくなり、終了になってました。

ひまつぶしするには

  

  

子供の頃の遊び
目次へ戻る

  

すごろくを作るには

なつかしい雑貨